[ コーヒー 豆/粉 ] ヒメネスファミリー / コスタ リカ 200g

2,000円(内税)

  • 挽き目
購入数
Jimenez Family 200g [豆 or 粉]
↓こちらをお届けします!
[Costa Rica / LA CONCHA lote Joana(ラ コンチャ農園 ロテ ジョアナ)]
青リンゴの様な爽やかさと、キャラメルのような甘さ、スムースな口当たりのコーヒーです。


コスタリカのタラスという山岳地帯でコーヒー栽培をしている家族経営の小さな生産者です。
ヒメネスファミリーは8人の兄弟とその両親との10人家族です。
長女、次女は嫁いでおりコーヒー栽培はしておりませんが他の兄弟は両親と共にコーヒー栽培に勤しんでいます。

コスタリカでは生産者が独自の処理施設(マイクロミル)を所有し高品質コーヒーの生産をしており、その処理施設毎に名前がついています。
ヒメネスファミリーはLa Concha(ラ コンチャ)という名前のマイクロミルを運営しています。
2012年に彼らのコーヒーを初めて購入したことから私たちとの関係はスタートしました。
それ以降毎年買い付けを続けており今では彼らの生産するコーヒーのほぼ全量を買い付けています。

ラ コンチャのコーヒーは大きく分けて3つに分かれます。
1, 処理設備と住居がある山の斜面のコンセプシオン エリア (品種はカトゥーラ)
2,向かいの山の斜面のサンタロサ エリア (品種はカトゥーラ)
3, ティピカ種

プロセスは全て共通でホワイトハニー
2012,13年はイエローハニーでしたがホワイトハニーの方が良いとの見解になり以降ホワイトハニーでの生産を続けています。

メインの生産は1,2で更に収穫時期毎に複数のロットに分かれています。
1のエリアは男性の名前、2のエリアは女性の名前を収穫時期が早い順に付けています。
(例えば1のエリアの3番目に収穫されたロットは三男の名前(アンヘル氏)=Lote Angel)

3,は少量生産のティピカ種。
初めて買ったのもこのコーヒーです。(このロットは末っ子のハイロ君の名前がついています。)

決して派手なフレーバーがあるわけではありませんがすっきりと飲み心地の良いコーヒーを生産しており、
このLa Conchaが1番好きと話すスタッフやお客様は沢山います。

↓お届けするコーヒーの詳細はこちら!

LA CONCHA lote Joana(ラ コンチャ農園 ロテ ジョアナ)

Region(地域) : Santarosa de Leon Cortez, Tarrazu
Farmer(生産者) : Familia Jimenez
Altitude(標高) : 1,800m
Variety(品種) :Caturra
Processing(生産処理) : White Honey
Profile(風味特性) : Green apple, Caramel, Smooth