ブラジル [カップ オブ エクセレンス2020 7位] パイシャン農園 100g

1,900円(内税)

  • 挽き目
購入数
Brazil [COE 2020 #7] PAIXAO
ブラジル [カップ オブ エクセレンス2020 7位] パイシャン農園


この農園はNOZY COFFEEが買い付けている代表的な産地の中の一つ、
カルモ ジ ミナス地域の農園です。

カルモ ジ ミナスはCOEによって最初に発掘された代表的な産地で、多い時には入賞ロットの7割以上がこのカルモ ジ ミナスからのロットで占められたこともありました。
広大で世界一の生産量(生産量の約1/3がブラジル )を誇るブラジルで品評会を行ったところ小さな町のコーヒーが幾つも選ばれていたのですからその衝撃は凄まじいものでした。

ブラジルは経済発展も著しくかつてと比べて人件費が高騰しています。
(収穫期のピッカーの収入は公務員の給与を上回る程です。)
従いましてブラジルのコーヒー生産は効率化と生産性をあげることで成り立ちます。
ところが山岳地帯であるカルモ ジ ミナスは機械収穫が行えずコストが掛かってしまいます。
得てして高品質コーヒーとなると山岳地帯でかつ小ロットに分けられたものの中から産まれます。
このカルモ ジ ミナスの地域は高品質コーヒーの生産に特化し、その品質プレミアムで生産コストを上回る価格で販売することで成り立っています。

2011年に入賞した際にも一部を買い付けており現在では同農園からの通常買付も行っています。



Region(地域) : Carmo de Minas, MG
Farmer(生産者) : Paulo Dario Carniro Pinto Junior
Altitude(標高) : 1,100 m
Variety(品種) : Yellow Catucai
Processing(生産処理) : Pulped Natural
Profile(風味特性) : green tea, floral, guava, green apple, long after taste


グリーンティを思わせる爽やかさや華やかな香りが感じられます。
グアバのようなトロピカルな印象や
青リンゴのジューシーさがあり、
味わいの余韻が長く続く素晴らしいコーヒーです。